紹介団体

home>ブログ>紹介団体>NPO法人関西こども文化協会
  • お知らせ
  • これまで紹介してきた団体
  • ご報告

NPO法人関西こども文化協会

更新日: 2020/11/13

  •  
  •   mixiチェック
関西こども文化協会は、国連「子どもの権利条約」の具現化を目指し、こどもの人権を守る活動をしている団体です。その中の1つに10代のこどもの居場所づくりの活動があります。


褒められる経験や人とのコミュニケーションが少ない状況で育ったこどもは、自己肯定感が低く、「いつも不安」「チャレンジする前に諦める」「必要以上に自分を責める」「自分なんかいなくてもいい」と思いながら社会の中で生きている場合があります。また、登校することがしんどいこどもや、現在不登校のこどもも、悩みを抱え、生きづらさを感じていることもあります。


関西こども文化協会は、そのようなこどもたちに家庭や学校以外で放課後に安心してゆっくり過ごせる場所「ティーンズスペース」を大阪市旭区に開設しています。ここでは、こどもたちの「勉強したい」「遊びたい」「見てもらいたい」「楽しく食事したい」という声に耳を傾け、スタッフが一緒に過ごして、良い所をほめたりしながらコミュニケーションを取っています。また、月に1度みんなで一緒に料理を作って食べる「ごはんの会」も開催し、みんなで楽しく食べる体験や、料理を学ぶ経験を育んでいます。


こうした様々な悩みを抱えるこどもたちに24時間365日対応する電話相談、児童相談所全国共通ダイヤル『189』には、社会福祉士、臨床心理士など約100名の専門家が対応し、こどもたちの痛みに寄り添っています。ひとりで抱え込まず、安心して電話をかけて欲しいとのことです。


これらの活動を多くのみなさまに知っていただくため、阪急うめだ本店 9階祝祭広場で開催したNPOフェスティバルにご参加いただきました。


こどもの命を守る活動には専門の知識を持つスタッフの力が必要です。阪急うめだ本店9階・12階にあるチャリティーガイドでも団体の活動をご紹介し、寄付を募っています。みなさまからの寄付はスタッフの人材育成に役立てられます。

また、いつでもどこからでもWEBからクレジット決裁によるご寄付をしていただけるようになりました!1,000円から、応援したい団体を選んで寄付することができます。ご支援よろしくお願いいたします。


新しい記事へ

過去の記事へ