紹介団体

home>ブログ>紹介団体>NPO法人ジャーダック(Japan Hair Donation &Charity)
  • お知らせ
  • これまで紹介してきた団体
  • ご報告

NPO法人ジャーダック(Japan Hair Donation &Charity)

更新日: 2020/11/28

  •  
  •   mixiチェック
ジャーダックは、髪の寄付を受付け、小児がん治療やそのほかの様々な要因で髪の毛に悩みを抱える18歳以下のこどもたちに医療用ウィッグ(人毛100%オーダーメイドフルウィッグ)を無償提供している団体です。


小児がんの副作用や無毛症、事故などで髪の毛に悩みを持つこどもがいます。医療用ウィッグは成人女性用が多く、こども用は少数。さらに十数万円と高額です。


そこで、ジャーダックでは31cm以上の髪の毛の寄付を受付けています。パーマヘアーでもカラーを施していても大丈夫です。濡れている髪の毛だけがNG。ご自身で乾いた髪の毛をいくつかの束に分けてカットして送っていただくか、ジャーダックの活動に賛同している賛同サロンでカットのご相談をしていただく方法もあります。詳しくは団体ホームページの「髪の毛の送り方」をご確認ください。人毛100%のウイッグは見た目や手触りがとても自然で、一見ウイッグとわかりにくい仕上がりだそうです。


(画像:従業員ボランティアが髪の毛を仕分けをお手伝いさせていただいた時のものです。)
団体に届いた髪の毛はそのまま使う訳ではなく、まず長さで分別し、海外の工場下処理を行ったり、頭の形に合わせて整えたりします。ウイッグを1つ作るのに約100人分の髪の毛とおよそ30万円!かかるそうです。また、ウィッグを利用したい女の子の9割は長い髪のウイッグを希望しているため、慢性的に50cm以上の髪の毛が不足しているそうです。今ヘアドネーションを考えている方は、ぜひ50cm以上を目指してください!!

また、髪の毛を伸ばすのが難しいけど、ジャーダックの活動を応援したいという方には、チャリティファンディングがおススメです。寄付のお礼にジャーダックオリジナルのヘアにまつわる商品をGETできます。


Oサンタは多くのみなさまに団体の活動現場のことを知っていただくために、阪急うめだ本店 9階祝祭広場で実施している“土曜日の午後はHOサンタ チャリティートーク”や年に2回開催の“NPOフェスティバル”にお越し頂き現場のお話しをしていただいています。9階・12階にあるチャリティーガイドでは団体の活動をパネルと動画を用いてご紹介し、寄付を募っています。


OサンタのHPからクレジット決済によるご寄付ができるようようになりました!1,000円から、応援したい団体を選んで寄付することができます。

ご支援よろしくお願いいたします。

新しい記事へ

過去の記事へ