紹介団体

home>ブログ>紹介団体>NPO法人キャップセンター・ジャパン(CAPセンター・JAPAN)
  • お知らせ
  • これまで紹介してきた団体
  • ご報告

NPO法人キャップセンター・ジャパン(CAPセンター・JAPAN)

更新日: 2020/11/28

  •  
  •   mixiチェック
キャップセンター・ジャパンは、こどもの安全・安心を守る予防教育の推進とその啓発活動を行っている社会貢献団体です。


CAP(キャップ)とは、Child Assault Preventionのことで、こどもへの暴力防止の頭文字です。こどもがいじめ・虐待・体罰・誘拐・痴漢・性暴力など様々な暴力から自分の心とからだを守る暴力防止のための予防教育プログラムのことです。


こどもへの暴力の種類は様々あります。
【いじめ】認知件数 年間 323,143件(平成28年度 文部科学省)
【児童虐待】児童相談所の対応件数 年間 122,575件(平成28年度 厚生労働省)
【性暴力】女子:6.4人に1人 男子:17.4人に1人が小学6年までに性虐待に遭っている。(日本生化学情報センター 1999年)
【犯罪被害】年間 116,563件(平成29年犯罪情勢 警察庁)刑法犯に係る少年(20歳未満)の被害件数

キャップセンター・ジャパンでは、こどもたちが安心・安全に成長するためには、“こどもの特別に大切な3つの権利(「あんしん」「じしん」「じゆう」)”はなくてはならないものと考えています。もしも、暴力にあいそうになってこの特別に大切な3つの権利が奪われそうになったら、大切な自分を守るために何ができるのか、教職員、保護者、地域のおとな、そしてこども自身に伝え、共に考えていくのが予防教育“CAP(キャップ /子どもへの暴力防止)プログラム”をおとなとこどもに提供しています。

Oサンタは多くのみなさまに団体の活動現場のことを知っていただくために、阪急うめだ本店 9階祝祭広場で実施している“土曜日の午後はHOサンタ チャリティートーク”や年に2回開催の“NPOフェスティバル”にお越し頂き現場のお話しをしていただいています。9階・12階にあるチャリティーガイドでは団体の活動をパネルと動画を用いてご紹介し、寄付を募っています。

 

OサンタのHPからクレジット決裁によるご寄付ができるようようになりました!1,000円から、応援したい団体を選んで寄付することができます。

ご支援よろしくお願いいたします。

新しい記事へ

過去の記事へ