ご報告

home>ブログ>ご報告>「一般社団法人ニュールック」代表の山口真史さんを尋ねました!
  • お知らせ
  • これまで紹介してきた団体
  • ご報告

「一般社団法人ニュールック」代表の山口真史さんを尋ねました!

更新日: 2021/9/23

  •  
  •   mixiチェック
阪急西宮北口から徒歩2分の閑静な住宅街にある「一般社団法人ニュールック(new-look)」が運営する“TOB塾”に伺いました。


一般社団法人ニュールック(new-look)」は、引きこもりや不登校、非行、経済的事情などさまざまな理由により中等・高等教育を受けられなかった経験をした青少年等や、その可能性のある青少年たちに対して進学や就労などへの支援を行い、社会復帰をサポートしている団体です。詳しい活動は,
H2Oサンタ「コロナ禍レポート~こども支援の現場から~」でも約5分程度の動画でご紹介しておりますので、ぜひご覧ください!


山口さん(画像右)から、昨年12月に設立された「一般財団法人植田記念会」の代表理事も努めることになったとのご連絡をいただき、「一般社団法人ニュールック」の近況と共にお話しを伺いました。


「一般財団法人植田記念会」は、主に一人親家庭や児童養護施設で育った社会的経済的困難さに直面しながらも、高等教育機関で学ぶ意欲を強く持つこどもたちに、返済を必要としない奨学金の支給などによって、奨学・援助を行うことを目的として設立されたそうです。


山口さんはこれまでのニュールックでの活動で、経済的な理由等で進路や行動を制限される若者をたくさん見てきた経験から、設立者の植田たまゑさんの「困難な状況によって、その人の能力や可能性を狭めてしまわないように手助けしていきたい」との想いに共感され、理事を引き受けられたそうです。
“2022年の奨学生”の募集も始まり、新たな出会いがスタートしているとのこと。植田記念会さんでは、奨学金を渡すだけでなく、今後の進路に向けて理事のみなさんが伴走してくださるそうです。心強いですね。来年度も奨学生を募集されるとのことですので、詳しく知りたい方はHPをご覧ください。


近況の中で1番の出来事は、今回訪問させていただいた西宮の拠点であるこちらの一軒屋の住宅の賃貸契約が解消され、今年度中に別の場所に移転しないといけないらしいのですが、まだ移転先が決まっていないとのことです。継続して通われているこどもたちのためにも、なるべく近い場所での移転をご希望されています。どなたか西宮周辺で「使ってくれて良いよ」「こんな場所があるよ」といった情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら、ご一報いただけると幸いです。


新しい記事へ

過去の記事へ

過去の記事