法人概要
活動のご報告

土曜日の午後はH2Oサンタ チャリティートークイベント<認定NPO法人フリー・ザ・チルドレン・ジャパン>を開催しました!

2024.05.18

本日、阪急うめだ本店 9階祝祭広場で行われましたチャリティートークイベントは、認定NPO法人フリー・ザ・チルドレン・ジャパンの藤井さんにご来場いただき、日頃の活動についてお話を伺いました。

フリー・ザ・チルドレン・ジャパンは「貧困や児童労働からのこどもの解放」を実現するため、開発途上国でさまざまな自立支援事業を展開している団体で1999年に設立され今年で25年目を迎えます。団体名の「フリー」という文字は「こどもの権利を守り」、「こどもの可能性を引き出す」ことが大切だという考えに基づき、『国内外の貧困や差別からこどもをFree(自由)にする。』、『「こどもには世界を変えられない」という考えからこどもをFree(自由)にする。』という二つの「Free」の実現をめざして活動をされています。


貧困には色々な要因があり、様々な側面から支援事業などを行わなければ解決できません。団体では現在、日本国内はもちろんフィリピン、ケニア、エクアドルなどさまざまな国で事業を実施しています。そして貧困下で暮らす開発途上国のこどもとその家族が自立できるよう、さらにはこどもが継続して教育を受けられるよう、4つの分野を軸とした村の自立を応援するプログラムを実践し、持続可能なコミュニティづくりに取り組んでいます。具体的には「教育」「水」「保険」「収入向上」の4つの柱です。

フィリピン先住民族のこどもへの教育支援についてのお話がありました。フィリピンの南にあるルソン島に次いで2番目に大きいミンナダオ島は古くから先住民族が暮らし、豊かな自然の中、特有の先住民の村々が多く存在しました。しかし、外部からの移住者によって土地を奪われ、先住民族のコミュニティは次第に山奥へ追いやられるようになりました。団体では、こうした厳しい暮らしをしいられているミンナダオ島の先住民族のこどもたちが、貧困から抜け出し、教育を受け、健康的な生活が送れるようにするため支援活動を行っています。

台風が多い地域なので、こどもたちは床に穴が開き壁が倒れそうなボロボロで危険な教室で授業を受けていたのですが、現地のパートナーNGOから、フィリピンの先住民族の学校を修繕してほしいという依頼を受け、ミンダナオ島への支援を始め、質の良い教育が受けられるよう教育環境を整える活動を行なってきました。そしてその結果2022年8月からこどもたちはきれいで安全な教室で学ぶことができるようになりました。また校舎と共に以前より課題になっていた生徒と教員の「お手洗い(トイレ)の設置と修繕」にも取り組まれています。綺麗な校舎、衛生的な環境は学びのための基本ですね。


また団体では、インドの貧困農村地域に住むこどもたちが教育を受けられるよう、母親の収入向上支援に力を入れています。具体的には「インドの女性にヤギを贈る生活支援活動」です。この地域では、貧困のために母親と一緒にこどもたちも働かなければいけない家庭が多くありました。こどもが安心して学校に通うことが出来るように、母親にヤギを無料で提供します。そして飼育の仕方を伝えることで、ヤギのオーナーになってもらい、家族のためにミルクを確保し、さらには子ヤギが生まれれば市場で高く売ることで収入を得ることができる様になるという仕組みです。食料を渡すだけだと、食べると終わりですが、ヤギの飼育であれば自立した暮らしができて継続的に生活が安定しますね。

日本国内でも教育現場などで国内外の社会問題を「自分ゴト」として、一人ひとりがアクションを起こせるチカラを育てるための教材を作成したり、出前授業などを全国規模で実施しています。授業の最初に「自分にも世界を変える、良くすることができると思う人?」と質問すると誰も手を上げないそうです。でも授業後は、何人かが「世界を自分たちで変えることができる!」と思うように変化するそうです。いろんな成功事例や、取り組み方のヒント、心の持ちようで人生はどうにでもなる!といったことが授業で伝わるのでしょうね。

藤井さんが今の活動を始めたきっかけを伺いました。昔は社会貢献に全く興味がなかったそうです。ある時、たまたまネグレクト(育児放棄)を受けているこどもが笑顔を全く忘れてしまっている状況をテレビで観たそうです。そのとき、なぜか、この子らのために何かをしないといけない!と強く思ったそうです。そしてお友達に相談したところ、「人生一回だし、これまでやったことないことをやってみたら?」とのアドバイスがあり、またもや、たまたま国際協力・交流のお祭りである「ONE WORLD FESTIVAL」に行ってみて、ボランティア参に加したのがきっかけでこの活動を始められたそうです。世界を変えるためには大きな事をしないといけないと思われがちですが、小さなきっかけから、人生がかわることもあるんですね。ご来場のみなさまの中にも藤井さんのお話で、世界を変える一員!になられる方がおられれば嬉しいです!

今回も、こどもたちが楽しく学べるHANKYUこどもカレッジ企画と連動して、チャリティートークイベントを聞けば答えがわかるNPOクイズを実施し、たくさんの方へH2Oサンタオリジナルクリアファイルをプレゼントしました。「初めてこども支援活動の話を聞きましたが、とってもわかりやすいお話で、心が動きました!」と、すごく嬉しいお言葉をかけてくださった方もおられました。H2Oサンタもとても嬉しくなりました。ありがとうございます!そんなお言葉に励まされて、世界を変える一員!として頑張り続けたいと思います!

※このブログのサムネイルで映っているバッグは再生原料で作られています。ご興味のある方はフリー・ザ・チルドレン・ジャパンさんのホームページから覧ください。

本日もたくさんの方にご来場いただき、ありがとうございました。