ご報告

home>ブログ>ご報告>6月16日(土)チャリティートークイベントのご報告
  • お知らせ
  • これまで紹介してきた団体
  • ご報告

6月16日(土)チャリティートークイベントのご報告

更新日: 2018/6/16

  •  
  •   mixiチェック
本日、阪急百貨店うめだ本店の9階祝祭広場で行われましたチャリティートークイベントは認定NPO法人プール・ボランティア事務局長の織田さんと会員の土川くん、そしてボランティアの荻尾さん、西本さん、鳥本さん、にご来場いただき、団体の活動内容を詳しくお聞かせいただきました。

陸上では足の不自由な方でも、プールの中では浮力で歩いたり、泳いだりすることが出来ることも。また水の中では、もし転んでもケガをすることがないので安心。プール・ボランティアでは、まず、水と親しみ、水遊びの楽しさを伝えることからはじめます。「今日は楽しかったなあ。また、プールに来たいなあ。泳ぐことって楽しいなあ。」と水泳の楽しさをわかって欲しいからです。楽しく思えると、どんどん前向きになってくるんです。

プールで行う運動はリハビリにもなり、高齢者・障がい者に有効です。最初は緊張気味のこどもたちも、水中で動くことの楽しさがわかってくると、どんどん前向きな気持ちになるようです。

会員の土川君です。土川くんには聴覚障がいがあります。泳ぐことが大好きでプール・ボランティアに通って約3年。もう1000メートル泳げるようになったそうで、パラリンピックも目指すと宣言していました。「耳の不自由な人、足の不自由な人、困っている人にみんなが優しくしてくれると、嬉しいです」との土川くんの元気で、聡明な受け答えに会場の皆様から温かい拍手がおこりました。

さらにボランティアの西本さん、鳥本さんが登壇してくださいました。お二人とも、こどもたちの「楽しかった、ありがとう。」という笑顔いっぱいの言葉が一番のやりがい、と言われていました。

また、”プール・ボランティア”は11/25(日)に実施される大阪マラソンで、寄付先団体(紺色:スポーツ・文化を考える)に採択されており、泳ぎたい障がい児を応援するために走ってくれるチャリティーランナーを募集されています。興味のある方は、ぜひご参加してくださいね!
詳しくは「大阪マラソン」または「プール・ボランティア」のホームページをご覧くださいませ。

最後に織田さんより、泳ぎたいこどもたちの気持ちにこたえるためには、まだまだボランティアの数が足りません。ひとまず、プールをのぞいていただき、よかったら声をかけてくださるととっても嬉しい、とのメッセージがありました。

会場ではプール・ボランティアの活動写真が沢山紹介されましたが、どれもこどもたちと、ボランティアの笑顔がいっぱいでした。写真を見るだけでも団体のイキイキとしたワイワイ楽しい雰囲気が感じられました。

本日のご来場ありがとうございました。

新しい記事へ

過去の記事へ

過去の記事